CINGROUP

平日 10:00 ~19:00
phone03-6418-5668

無料相談

風評被害対策

誹謗中傷対策のサポートをしてくれるおすすめの風評被害対策会社20社を徹底比較

2022年6月3日

get_the_title())

 

風評対策バナー03 風評対策バナー03

本記事では、ブログサイトや掲示板サイト、SNSなどのインターネット上に書き込まれた誹謗中傷の対策をしてくれる業者を20社ご紹介します。風評被害や誹謗中傷にお困りの方はぜひお役立てください。

風評被害、誹謗中傷対策の3つの方法

風評被害、誹謗中傷を対策する方法には、以下の3つがあります。

  • 弁護士に依頼する
  • 誹謗中傷対策をしてくれる会社に依頼する
  • 自社で対策する

インターネットが広く普及し、ブログサイトや掲示板サイト、SNSなどが人々の日常生活に根付いている昨今、風評被害や誹謗中傷は決して他人事ではなくなりました。誰もがある日突然、そうした問題に直面し、悩まされるリスクがあります。そうした風評被害や誹謗中傷は、一般的に弁護士を通じて法的手段にて解決するのが確実です。しかし、法的手段では対策の費用が高額になりやすいという一面もあります。

対策業者は法的手段と比べて費用がリーズナブルなことが多いので、金銭的負担を抑えて風評被害、誹謗中傷の対策に取り組むことができます。また、問題内容によっては法的手段より対策業者のほうが早期に解決を見込めることもあります。ここは、風評被害、誹謗中傷対策会社の大きなメリットと言えます。

では、自社で風評被害、誹謗中傷対策をする方法はどうなのでしょうか。この方法であれば、第三者に委託する費用をゼロにすることができます。一方で、ネガティブな情報を目立たなくさせる専門的な知識や技術を自社で保有する必要が出てきます。低コストで対策できる反面、対策を成功させるための労力が大きくなるところは留意が必要です。

■弁護士がおすすめの人

・法的手段で対策の確実性を上げたい

・ある程度、費用をかけることができる

■対策会社がおすすめの人

・コストを抑えつつも対策を成功させたい

・対策会社と連携している弁護士に依頼したい

・弁護士に依頼したが、削除できないと判断された

・社員に会社の内部情報を投稿された

■自社での対策がおすすめの人

・対策のコストを抑えたい

・自社で専門知識や技術を保有しておきたい

風評被害、誹謗中傷対策会社の具体的な対策内容

風評被害、誹謗中傷対策における法的手続きは、弁護士のみに認められた行為です。弁護士以外の第三者(人や企業など)が法律に関する手続きをすること(非弁行為)は禁止されています。よって、対策業者が直接、法的な手段で問題解決に取り組むことはまずありません。対策会社は法的な手段にならない範囲で、対象の書き込みを人の目に触れないようにしてくれます。具体的には以下の3つが対策会社の主要な施策とされています。

サジェスト対策

検索エンジンなどの検索窓にテキストを入力すると、そのテキストの内容と関連性が高いキーワードが表示されます。それをサジェストキーワードと言います。サジェスト対策では、サジェストキーワードとして表示されるネガティブなキーワードを目立たなくします。

逆SEO対策

インターネット検索の検索結果には、検索キーワードの内容に合わせたサイトが表示されます。そのサイトの中には、特定の個人や組織に関する根拠のない悪評を発信しているものもあります。そうした悪評が検索結果の1ページ目に表示されていると、多くの人の目に触れることから、個人や組織に悪影響を及ぼすリスクが高くなります。逆SEO対策では、根拠のないデマを発信しているサイトの順位を押し下げることで、個人や組織のイメージ低下を防ぎます。

監視、モニタリング

インターネットには日々、膨大な情報がアップデートされます。そんな更新された情報の中の誹謗中傷を早期に発見し、被害を最小限に留めるのが監視、モニタリングです。この対策を実施することで、風評被害が深刻になる前に対策を打つことができます。

まずは対策会社の話を聞くことがおすすめ!その理由とは?

風評被害、誹謗中傷の対策に取り組む際は、まず対策会社の話を聞くことがおすすめです。対策会社では、ネガティブな情報を目立たなくさせることに加えて、誹謗中傷を事前に防止するためのアドバイスや連携している弁護士の紹介、問題に合わせた解決手段の提案なども行なってくれます。話を聞くことで、最適な方法で問題解決に取り組むことができたりします。誹謗中傷問題の解決に取り組む際は、まず対策会社に相談することを検討してみてください。

良い風評被害、誹謗中傷対策会社の選び方

一般的に対策会社は

  • 対策内容
  • コンサルタントの印象
  • 費用

など、複数の条件を基準に選定しますが、風評被害や誹謗中傷の対策会社を選ぶ際は、対策を透明化してくれるかどうかも重要視しましょう。対策が不透明では、きちんと対策をしてくれているのか、費用対効果はいいのか、といったことがわかりにくくなるためです。

数少ないですが、対策を依頼しているのにも関わらず、「実は何もしていなかった」という対策会社もあります。風評被害や誹謗中傷は、なるべく早期に解決することが理想です。時間を無駄にしてしまうリスクを抑えるためにも、対策の進捗を可視化してくれる業者を選びましょう。

例えば、月1回進捗状況をレポートにまとめ提出してくれたり、対象サイトの掲載順位がわかるツールを共有してくれたりする会社であれば、しっかりと対策をしてくれる可能性が高いと考えられます。

おすすめの風評被害、誹謗中傷対策会社20社

では、ここから風評被害、誹謗中傷対策をしてくれる会社を20社ご紹介します。

【紹介会社一覧】

・シエンプレ株式会社

・株式会社リリーフサイン

・ネクストリンク株式会社

・株式会社エルプランニング

・株式会社プロモスト

・株式会社リンクス

・株式会社エルテス

・ソルナ株式会社

・株式会社エフェクチュアル

・株式会社ジールコミュニケーションズ

・株式会社NEXER(ネクサー)

・株式会社ソルフェリオーナ

・株式会社IMソリューション

・株式会社アクシアカンパニー

・株式会社チェーンサポート

・株式会社トップワイジャパン

・株式会社ライフデザイン

・株式会社SORIX

・株式会社WEB広報

・株式会社シャイニング

シエンプレ株式会社

シエンプレ

ネガティブサイトを押し下げることに固執せず、きちんとした事実が記載されたサイトや、ブランディングにつながるサイトを上位に表⽰させることを目指す「ブランディングSEO」という方法を用いて、風評対策、誹謗中傷対策をしてくれます。ほかにも、炎上した時の対応に関するアドバイスやフェイクニュース対策など、包括的なサービスにより風評被害の問題を解決に導いてくれます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:シエンプレ

株式会社リリーフサイン

リリーフサイン

20年以上、インターネットの風評被害対策、誹謗中傷対策を手がけ、1200社以上の実績を持ちます。近年では社会問題となっているSNSの誹謗中傷、炎上の対策も実施。適切な対策によって、事態の鎮静化をしてくれます。また事後対応だけでなく、事前対応にも注力していることから、未然に誹謗中傷や炎上を防ぐことが可能です。

料金:要問い合わせ

サービス情報:リリーフサイン

ネクストリンク株式会社

ネクストリンク

リアルで起きた企業の不祥事は、瞬く間にインターネットに飛び火し、掲示板やSNS、ブログなどで取り上げられます。それらのプラットフォームで書き込みされた情報の中には、事実無根のもの、悪意のあるものもあります。そうした特定の企業に対するインターネット上の風評被害、誹謗中傷を徹底的に対策してくれます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:誹謗中傷対策センター

※ネクストリンクが運営している『誹謗中傷対策センター』に移動します。

株式会社エルプランニング

エルプランニング

4万件以上という実績の豊富さ、最短1日という解決までの早さに魅力があります。掲示板からウェブサイト、ブログ、SNSと対策可能なプラットフォームも幅広いため、あらゆる問題を解決に導いてくれます。また、風評被害の監視も対応可能なので、問題が大きくなる前に対策に取り組むことができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:エルプランニング

株式会社プロモスト

プロモスト

YahooサジェストやGoogleサジェストの対策に強みがあります。また、インターネットの風評被害、誹謗中傷の対策だけでなく、炎上などによってダメージを受けた後のブランド力アップも支援してくれます。問題の解決からブランドの再構築までトータルにサポートしてもらうことができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:プロモスト

株式会社リンクス

リンクス

風評被害や誹謗中傷は、掲示板やSNS、ブログ、ウェブサイトなど、様々なプラットフォームで発生します。リンクスでは、ほぼ全てのプラットフォームで起こりうる風評被害や誹謗中傷、炎上などの対策をしてくれます。法人だけでなく、個人の問題も相談に乗ってくれるところも魅力的。顧問弁護士や指定の弁護士と連携して対策してもらうことも可能です。

料金:最安5000円~(具体的な料金は対策方法によって異なります)

サービス情報:リンクス

株式会社エルテス

エルテス

蓄積した社内データと外部データを基に、風評被害や炎上被害を対策してくれます。またエルテスでは優れた危機意識と高い監視力で、ネット上の風評被害、炎上被害を未然に抑えてくれます。問題が大きくなる前に対策することができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:エルテス

ソルナ株式会社

ソルナ

風評被害対策業界の中で数多くの実績を持ちます。内閣府認証協会認定の資格を持つプロが風評被害対策を早期に解決。一時的な対策ではなく、再発防止を目指した対策をしてくれるところに強みがあります。

料金:要問い合わせ

サービス情報:ソルナ

株式会社エフェクチュアル

エフェクチャル

「オンライン評判管理対策」というサービスによって、ウェブ上の誹謗中傷やネガティブワードの非表示化を得意としています。また、特定のキーワードがウェブ上に出現した時に検知してくれるツール「ミマモルン-Mimamorn」を開発。これによりネガティブワードの早期発見、早期対策が可能になります。誹謗中傷やデマ情報が拡散する前に対策したい場合に最適です。

料金:要問い合わせ

サービス情報:エフェクチュアル

株式会社ジールコミュニケーションズ

ジールコミュニケーションズ

検索窓に表示されるネガティブワード、検索結果に表示されるネガティブサイト、商品やサービスに関するデマ情報などの対策に強みがあります。誹謗中傷などのリスク情報や、根拠のないデマ情報は放置しておくと、会社のイメージを落とす原因となります。ジールコミュニケーションズは、問題の早期解決により、そのリスクを抑えてくれます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:ジールコミュニケーションズ

株式会社NEXER(ネクサー)

ネクサー

NEXERでは、WEBブランディング事業として、インターネットの風評被害、誹謗中傷対策の支援をしてくれます。すでに起きている風評被害の対策から、風評被害を未然に防ぐための対策まで対応可能で、主な方法が逆SEOやブランディングサイトの構築となります。SEO対策を中心としたWEBの分野で事業を拡大してきた経緯から、インターネット分野に関する深い知識とノウハウ、豊富な実績を誇ります。

料金:要問い合わせ

サービス情報:NEXER

株式会社ソルフェリオーナ

ソルフェリオーナ

ソルフェリオーナは、モニタリングによるネガティブな口コミの発見から、サジェスト対策、逆SEO対策によるネガティブな情報を掲載しているウェブサイトの露出低減まで、幅広い対策を実施してくれます。また、インターネットの風評被害対策に関する情報メディア「風評被害対策ナビ」も運営。風評被害、誹謗中傷対策の専門家として、インターネットの誹謗中傷が発生した際の適切な対策方法を発信しています。他社で成果が出なかった企業の支援事例もあるため、「業者に依頼したけど、なかなか被害が収まらない…」という方は一度、ソルフェリオーナに相談してみるといいかもしれません。

料金:要問い合わせ

サービス情報:ソルフェリオーナ

株式会社IMソリューション

IMソリューション

IMソリューションでは、インターネット上の風評被害、誹謗中傷を早期に発見し、被害が拡大する前に解決に導くサービスから、発生した風評被害の対策を行なうサービスまで、幅広くサービスを提供しています。個人・法人問わず相談可能。相談料金や見積もり料金は無料となっているので、「風評被害に備えたい」「誹謗中傷が広がって困っている」という場合は相談してみるといいかもしれません。

料金:10,000円~(具体的な料金は対策方法によって異なります)

サービス情報:全国誹謗中傷センター

※IMソリューションが運営している『全国誹謗中傷センター』に移動します。

株式会社アクシアカンパニー

アクシアカンパニー

アクシアカンパニーは、インターネット上のネガティブサイトなどの順位を押し下げる逆SEO対策に強みを持ちます。ペナルティリスクの少ない適切なアプローチで対策を実施し、対象のウェブサイトの露出を低減します。問題のヒアリングから調査、対策方法の提案まで無料で対応してくれるところもポイントです。

料金:要問い合わせ

サービス情報:アクシアカンパニー

株式会社チェーンサポート

チェーンサポート

ある日突然、発生する身に覚えのない悪評や誹謗中傷。そうした風評被害は炎上につながるリスクが高く、放置しておくと取り返しのつかない状態になります。チェーンサポートは、独自のノウハウと技術で風評の拡散を抑え、炎上リスクを軽減してくれます。適切な対策で企業のブランドを守ることができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:チェーンサポート

株式会社トップワイジャパン

トップワイジャパン

トップワイジャパンは、事業のひとつとして通信事業を展開している企業です。通信事業を手がけているからこそウェブリスクに関する知識が豊富で、独自のノウハウも保有しています。それらのリソースを駆使してインターネット上の悪評や誹謗中傷を速やかに対策してくれます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:トップワイジャパン

株式会社ライフデザイン

ライフデザイン

各種検索エンジンの検索窓に表示されるキーワードの非表示を目指す「キーワード対策」、ネガティブサイトの順位を押し下げる「逆SEO対策」の2軸で風評被害、誹謗中傷の対策を実施してくれます。結果が出たら費用が発生する成果報酬型なので、無駄なコストがかかることなく、風評被害、誹謗中傷の対策に取り組むことができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:ライフデザイン

株式会社SORIX

SORIX

SORIXは、Social Riskを適時把握し、整理・分析に強みを持つ企業です。独自のノウハウとスピーディーな対策で、悪評や誹謗中傷が拡散するリスクを徹底的に抑えてくれます。風評対策に関する情報を発信するウェブサイト『風評対策.COM』『風評被害対策ラボ』も運営し、風評被害でお困りの方に役立つ情報を提供しています。社会全体に風評対策の重要性を広めるプロ集団です。

料金:要問い合わせ

サービス情報:SORIX

株式会社WEB広報

web広報

WEB広報は、誹謗中傷対策の専門企業として、総合的な風評対策を実施してくれます。検索エンジンに表示されるネガティブ情報が掲載されたウェブサイト、悪い口コミが書き込まれた掲示板、SNSなど、幅広いプラットフォームの対策が可能です。高品質なサービス提供により、風評被害、誹謗中傷の解決可能性を上げることができます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:WEB広報

株式会社シャイニング

シャイニング

風評被害や誹謗中傷は、対策方法を間違えると被害がさらに大きくなりやすいことから繊細な問題のひとつです。シャイニングでは風評被害、誹謗中傷に対して様々な対策方法を用意。最適な対策で「被害が広がるリスク=炎上のリスク」を抑えつつ、風評対策を実施してくれます。

料金:要問い合わせ

サービス情報:シャイニング

誹謗中傷を放置しておくことのリスク

インターネットに書き込まれた誹謗中傷は、総じて話が大きくなる傾向にあります。根拠のないデマだったとしても尾ひれがつき、気づいた時にはいわゆる炎上という状態となり、手の施しようがなくなるケースは多いです。そうすると、様々なデメリットを招きます。

例えば、個人のSNSアカウントに悪口を書き込まれたり、会社のイメージが低下したりするリスクがあります。したがって、誹謗中傷はなるべく早期に解決し、火種は大きくなる前に鎮火しておくことがすすめられます。

まとめ

風評被害や誹謗中傷は一人では解決できないケースが多いです。また、弁護士は費用が高く、対策を依頼するのに二の足を踏んでしまうことも。そんなときは対策会社に依頼を検討してみましょう。ただし対策会社はいくつも存在しています。その中にはサービスの質が悪かったりするところもあります。対策会社は様々な情報を基に慎重に探すことをおすすめします。

風評対策バナー03 風評対策バナー03
風評対策バナー02

関連記事